測定計測展・シンポジウムの開催

展示会の開催をメインとし、技術相談コーナーや
実務応用セミナー、新技術発表コーナー等を設け、最新の情報を届けます。

もっとみる

光計測スクール・セミナーの開催

セミナーの開催や工場見学、光計測のスクールなど人材育成教育の場を設け、技術者のレベルアップに寄与します。

もっとみる

企業向け最新情報の発信

経済産業省、産業技術総合研究所、大学・研究機関と連携し、最新情報や技術動向を逸早く提供しております。

もっとみる
  • 新着情報

  • 一覧を見る
2017/03/21
【会員用サイト】データの更新
正会員、賛助会員サイトの統計データを3/21に更新いたしました。
2017/03/16
【証明書発行 手数料改定の件】
【証明書手数料改定】
●証明書発行手数料を以下の様に改定いたします。
1.生産性向上設備税制の証明書
   4月1日以降受領分は、以下とする。
   ・会 員 1,000円/1件(税込)
   ・非会員 4,000円/1件(税込) ※別途頂いていた。消費税分は無しとします。
2.中小企業経営強化税制の証明書
   新規様式と4月1日以降に受領する旧様式は、以下とする。
   ・会 員 1,000円/1件(税込)
   ・非会員 4,000円/1件(税込)
    ※型式認定の場合は、最初に申請頂いた枚数分の手数料(4枚なら4件分)を請求します。
    ※生産性向上設備税制との併願は従来通り半額とする。
    ※別途頂いていた。消費税分は無しとします。

2017/03/15
【生産性向上設備投資税制、4/1中小企業経営強化税制拡大について】
【税制の内容】
1.生産性向上設備投資税制
   この3月31日までに納入された物までが適用になります。
   ※中小企業経営強化税制との併願も3/31納入分までで、拡大品目には対応できません。
2.中小企業経営強化税制
   この4月1日から納入される物について以下の品目に拡大されます。
   2017/3/31までは、機械装置(160万円以上)ソフトウエア(70万円以上)
   2017/4/1から、上記品目に器具備品(30万円以上)、建設付属設備(60万円以上)が追加
   証明書等については、HOME頁の下の方に
     『中小企業等経営強化法(平成29年度改正版)資料はこちらから』をご確認下さい。
   ※2017/3/31までに納入されたものは、旧申請様式でもかまいませんが、
    出来れば新様式でご対応ください。
【工業会の対応】
1.生産性向上設備税制の証明書は従来通り
   3/31納入分までの製品については、引き続き証明書発行手続きいたします。
   但し手数料を以下の様に4/1以降受領分から改定させて頂きます。
    ・会員 1,000円/1件(税込)
    ・一般 4,000円/1件(税込) ※別途頂いていた。消費税分は無しとします。
2.中小企業経営強化税制
   証明書の様式1,2が変更となり、また以下の2通りの申請方法が在ります。
  ・従来と同じ方式
    1品種、1納入先を記載とした様式1、様式2での申請
    ※納入年月日は記載不要
    ※記載内容に若干の変更があります。
  ・型式確認用証明書の発行が追加されます。【新規内容】
    この型式認定は、多数納入が想定される商品について、
    必要と想定される枚数の証明書を事前に発行してもらうシステム
    申請は、様式1、様式2で、様式1は、必要枚数分となります。
    ①型式認定用 様式1が新規追加
    ・記載内容は、従来とほぼ同じになりますが、納入場所が未記入での申請と成ります。
    ・最大1年間の有効期間。申請日からその年の12/31迄が有効期間と成りその年度を記載
    ・申請必要数の様式1を用意しその一枚一枚にシリアル番号を記載する。
     (シリアル番号の記載は、申請メーカで記載方)
    ・申請頂いた様式1は、内容確認後、すべて押印の後、申請メーカーに返却いたします。
    ・申請メーカーは、要求のあった顧客に対して、納入場所等を記載し証明書を発行
    ・申請メーカーは、証明書の発行経過を毎月工業会に報告し工業会は状況管理
    ・年末になり余った証明書は工業会が回収し処分
  ・様式1の記載内容について
    ①減価償却資産の種類
      当工業会申請の場合は、『器具及び備品』、または『機械及び装置』の記載に成ります。
    ②設備の種類又は細目
      『器具及び備品』の時は、『光学測定機器』と記載してください。
      『機械及び装置』の時は、『業務用機械器具・製造業用設備』と記載してください。
     ・手数料について
    新様式と4月1日以降に受領する旧様式は、以下とする。
    ・会員 1,000円/1件(税込)
    ・一般 4,000円/1件(税込)
     ※型式認定の場合は、最初に申請頂いた枚数分の手数料(4枚なら4件分)を請求します。
     ※生産性向上設備税制との併願は従来通り半額とする。
     ※別途頂いていた。消費税分は無しとします。

2017/02/20
【光計測シンポジウム2017講演募集 開始】
2017年9月14日(木)開催の光計測シンポジウム2017講演募集を開始いたします。

 日本光学測定機工業会では、測定計測展に併催して「光計測シンポジウム」を開催いたします。
光や画像による計測法や、レーザーを利用した計測法、医用分野への応用計測など、発表者と参加者による技術情報の交換を行なう事を目的としております。
基礎的な原理や活用方法とともに、関連する分野での実用的な事例や、その活用方法含などの発表の場として、下記により、皆様よりご講演を募集致します。
奮ってご参加くださいます様お願い申し上げます。
⇒詳細はこちら
2017/02/20
【会員用サイト】データの更新
正会員、賛助会員サイトの統計データを2/20に更新いたしました。
  • 1210.png

  • 一覧を見る
2016/09/09
【㈱ミツトヨ】測定機博物館 リニューアルオープンのお知らせ
株式会社ミツトヨでは、川崎事業所内再開発工事に伴い旧沼田記念館・ミツトヨ博物館の改装とともに所内へ移設するため201年9月8日(金)より2016年7月29日(金)迄、臨時休館としておりましたが、このたび2016年8月22日(月)をもってリニューアルオープンとなりました。
これを機に「ミツトヨ測定博物館(沼田記念館・測定機器館)」と名称を改めました。
詳細は㈱ミツトヨHPでご確認ください。
⇒詳細はこちら
2016/05/10
【㈱ミツトヨ】CNC画像測定機『クイックビジョンActiveシリーズ』を新発売
株式会社ミツトヨは、CNC画像測定機、クイックビジョンシステムのラインナップに新たに
『クイックビジョンActiveシリーズ』を加え、2016年4月1日より発売開始いたしました。
詳細は㈱ミツトヨHPでご確認ください。
⇒詳細はこちら
2016/02/15
【オリンパス㈱】システム顕微鏡「BX53M/BXFM」を新発売
オリンパス株式会社(社長:笹 宏行)は、科学事業の新製品として、ソフトウエアの新バージョン「OLYMPUS StreamV2.1」と組み合わせ、観察からレポート作成までのワークフローをサポートするシステム顕微鏡「BX53M/BXFM」を、2016年1月26日から世界で順次発売しました。
詳細はオリンパス㈱HPでご確認ください。
⇒詳細はこちら
2015/12/09
【ニコンミュージアム】がオープン
2017年に迎える創立100周年を記念し、「ニコンミュージアム」が2015年10月17日に㈱ニコン本社2階にオープンいたしました。
入場無料で、月~土曜日の10時から18時(最終入場17時半まで)開館しております。
休館日は、日曜、祝日及びミュージアムが定める日
詳細はニコンミュージアムHPでご確認ください。
⇒詳細はこちら
  • 出版物のご案内
  • 詳細をみる
光計測ポケットブック
「これを測る方法はないか」「この方法で測れそうだ」「実際に測ってみよう」
ユーザの視点(プロセス)に沿った約200項目を1~2頁で解説しています。
  光計測ポケットブック